総入れ歯について

総入れ歯の方によくあるお悩み

総入れ歯の方によくあるお悩み

お口の中に天然の歯が残っていない場合、部分入れ歯ではなく総入れ歯が必要です。さまざまなタイプの総入れ歯がありますが、ときに歯茎に適合していない入れ歯を使っている患者様がいらっしゃいます。
そのような患者様の多くは、よく噛めない、外れやすいといったお悩みがあります。入れ歯は毎日の食生活には欠かすことができないものですから、しっかりと患者様に合った総入れ歯をつくることが我々の務めです。

総入れ歯の種類

保険でつくるプラスチックのレジン床義歯、保険外のチタン、コバルトクロムなどを使った金属床義歯、そして、インプラントオーバーデンチャーなどがあります。
金属床のメリットはレジン床にくらべて薄いので口の中が広くなり快適です。また、温熱刺激が伝わりやすいので、熱いもの、冷たいものを感じることができるので、天然歯に近い感覚を感じることができます。
インプラントを活用した動かない義歯、これがインプラントオーバーデンチャーです。

総入れ歯のメリットとデメリット

総入れ歯のメリットとデメリット

当院では、最初に入れ歯のメリットをお話しいたしますが、入れ歯が初めての方は、その装着時の感覚や使用感をなかなか想像できないものです。
最初から金属床を選ばれる患者様もいらっしゃいますが、種類やタイプで迷っている方は、まずは保険診療でおつくりし、入れ歯の感覚を体験して慣れていただいてから、不満を感じるようであれば自費診療によるものへと変更されるケースが多いようです。
入れ歯は、どんなタイプのものでも、ある程度の異物感があるものです。しかし、個人差や慣れもあります。慣れないからといって外す方もいますが、慣れる努力をしていただく必要があります。
当院ではご予算に合わせて患者様に最も合った入れ歯をおつくりします。

ご予約・お問合せはお気軽に

泉佐野市で入れ歯や義歯治療なら、泉佐野駅から近い日根野谷歯科医院へお越しください。

072-464-7172

  • 日根野谷歯科オフィシャルサイト
  • 院長ブログ
  • -募集中- 歯科助手・歯科衛生士
  • English Available
  • 日根野谷歯科 Facebook